TOP > お役立ち情報 > アレルギー科
タイトル:アレルギー科
アレルギー科とは
様々なアレルギー治療を専門としている診療科のことです。

診療領域は、内科や皮膚科、呼吸器科など、ほかの診療科と重複することがあります。 アレルギー科で扱われるアレルギーの種類は儀燭ら厳燭泙任△蠅泙后

型1
型2
型3
型4

一般的なアレルギー症状と言われるのは儀燭砲覆蠅泙后

【アレルギー科に関するコンテンツ】
▼アレルギー症状と受診科

医療機関で定められている科はそれぞれ34種類です。

アレルギー科 外科 こう門科 小児科 リウマチ科
リハビリ科 胃腸科 眼科 気管食道科 形成外科
呼吸器科 呼吸器外科 産科及び婦人科 産婦人科 耳鼻いんこう科
循環器科 小児科外科 小児外科 消化器科 心臓血管外科
心療内科 神経科 神経内科 性病科 整形外科
精神科 内科 脳神経外科 泌尿器科 皮膚科
皮膚泌尿器科 美容外科 放射線科 麻酔科  

アレルギー科は皮膚科、耳鼻科、内科、小児科と併記される場合があるため、症状によって診察してもらう医院を選択してください。

  • ◆目が痒い、充血などアレルギー性結膜炎の場合
     小児科・眼科・内科(アレルギー科併記)
  • ◆鼻水、鼻づまりなどアレルギー性鼻炎の場合
     小児科・耳鼻科・内科(アレルギー科併記)
  • ◆咳、呼吸が苦しいなど気管支喘息の場合
     小児科・呼吸器科・内科(アレルギー科併記)
  • ◆くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の痒みなど花粉症の場合
     小児科・眼科・内科(アレルギー科併記)
  • ◆皮膚の痒み、湿疹などアトピー性皮膚炎の場合
     小児科・皮膚科・内科(アレルギー科併記)
  • ◆食べ物を食べたときにじんましんや湿疹が出るなど食物アレルギーの場合
     小児科・内科(アレルギー科併記)
  • ◆薬を飲んだときにじんましんや各障害(血液・肝・肺・腎)が起こる場合
     小児科・皮膚科・内科
  • ◆じんましんによる皮膚症状や急な腹痛、嘔吐、息苦しさなどアナフィラキシーの場合
     小児科・消化器科・呼吸器科・皮膚科・内科(アレルギー科併記)
▼原因物質を知る

アレルギー症状になる前に、自分が何のアレルギーに反応するかを事前に知っておくことは重要です。アレルギーの原因となるものは数えきれないほど存在します。

食物系   … 乳製品、卵、小麦など
金属系   … 金属製アクセサリー類、時計、歯科金属など
植物系   … スギ、ヒノキ、タンポポなど
動物系   … イヌ、ネコ、ハムスターなど
昆虫系   … ハチ、蝶など
害虫系   … ダニ、ノミ、ハウスダストなど
薬物系   … かぜ薬、胃腸薬、ビタミン剤など
化学物質系 … シャンプー、香水、柔軟剤など

検査には血液検査と皮膚テストがあります。全てを事前に検査すれば良いのですが、それでは相当な検査費がかかります。
一般的なアレルギー項目であるなら、MAST33やView36という血液検査があります。検査項目も多いですし保険適用で3割負担で済みます。またアレルギーは遺伝する可能性があります。身内にアレルギー持ちの方がいる場合は、原因となるアレルギーを特定して受けるのも良いでしょう。