医師就職・転職サイトランキング

医療事務派遣会社ランキング
病院就職転職求人情報比較医師転職サイトランキング医療事務派遣会社ランキング

この一年で転職を考えましたか?

医療業界、特に医師の方は転職を行う方は他の業界と比べると非常に少ないです。
出身大学などの人間関係や医局の存在が背景として大きく関わっていますが、 ここらへんは皆さんご周知だと思いますので割愛します。
具体的に医師の方が転職が難しい理由は3つあります。
・忙しくて転職に使う時間などが無い
・体面があるのでおおっぴらに転職活動ができない
・一般的な職業と違い、転職に関する情報が少ない

こんな問題を解決するのが医師転職専門のエージェントの存在です。

医師の方が収入を増やしたり、より良い環境で働く方法は地道な努力よりも勤務先の変更だったりします。
登録だけ行って現在の他所の待遇を調べるだけでも良いですし、
良い条件の連絡があるまで待つのも一つの手段です。
厳しい守秘義務を課せられていますからプライバシーも安心です。
あなたは今のままで満足ですか?
転職可能地域 全国 在職/在学中可否 応募可能
アルバイト/非常勤 共に可能 利用料 無料
求人案件数 18000 登録医師数 非公開
専属エージェント 対応可能
【人気のポイント】
・求人数、情報量、業界最大級!
・医師の転職をサポートして30年以上!医師の支持率80%超え!
・専任キャリアアドバイザーが転職、就業までを細やかにサポート!

【こんな方におすすめ】
・条件に合う場所をたくさん知りたい
転職可能地域 全国 在職/在学中可否 応募可能
アルバイト/非常勤 共に可能 利用料 無料
求人案件数 15000 登録医師数 25万人(延べ)
専属エージェント 対応可能
【人気のポイント】
・登録医師25万人の実績
・医師転職エージェント業界ナンバーワンの実績
・アルバイト、非常勤も対応

【こんな方におすすめ】
・限界まで良い条件を突き詰めたい
転職可能地域 全国 在職/在学中可否 応募可能
アルバイト/非常勤 共に可能 利用料 無料
求人案件数 39000 登録医師数 非公開
専属エージェント 有り
【人気のポイント】
・業界最大級の求人数39,480件以上
・独占・非公開求人10,000件以上
・先生のための求人を創出します

【こんな方におすすめ】
・産業医や人気医療機関へ転職したい
医師転職サイトを使うメリットについて解説します。医局に頼る転職よりも効率的!

近年、医局によるの医師転職よりも医師転職サイトを利用したドクターの転職が増えています。他の業種ではインターネットを媒体とした人材コンサルティングは当たり前となっていましたが、医療分野においては人材や病院のデータベース化に難しい点が多く、最近ようやくドクターの皆さまにも定着してきました。

これまでの医局による転職というものは人間関係が先に来て、勤務条件や報酬条件についてはなかなか強気に攻めにくかったのではないでしょうか。しかし、ランキングで紹介されている医師転職サイトはネットでプロフィールやメールアドレスなどを登録するだけで、ご自身のお名前は伏せた状態で経歴などを元に一番良い条件の病院を専属のコンサルタントが代わりに探してくます。
ですので、ドクターの皆さまはいつも通りに勤務を続けながらの転職先が見つかるという事になります。
個人の医師転職コンサルタントも存在していますが、転職サイトでは医師転職を専門とした組織が全国の病院や求人情報をデータベース化、一瞬にして条件に応じた求人を探します。

では、どういった流れで転職作業が進んでいくのでしょう?
一般的な流れは・・・
1.サイトから名前や希望勤務地、希望報酬、専門科目、
  希望勤務体系(常勤/非常勤/アルバイト)などを入力
2.サイトから登録完了のメール連絡が来る
3.後は勤務しながら待つも良し、在学しながら待つも良し
4.希望に該当する求人案件があれば連絡が来る
たったこれだけなんです。医師転職サイトに登録しておけば、いつもの生活を送りながら、より良い勤務条件が舞い込んでくる。
そんな便利な求人コンサルティングサービスなのです。

医師転職サイトランキングにおける医師転職の色々な形について

全国にある赤十字病院の場合、ドクターの転職が散見されやすいことがいわれております。これは病院の善し悪しではなく、ドクターの個人的な希望により転職を重ねていく一例です。医師転職サイトランキングの利用者の中にも多いです。
東京、大阪、横浜、名古屋、福岡、札幌といった大都市には大規模病院がかなりの数、存在しますが、その実情は都市の中の「一部の地域」に病院が立地している傾向があります。民間病院の場合は立地に制限はありませんが、市立病院の多くが再開発地域への立て替えを急ピッチで行なっております。
逆に、人口1万人程度の地方自治体には公立病院が存在しない場所が多く、東北地方では「中核病院」が県単位で建設されております。以前は国立病院に在籍していたドクターの多くが、この中核病院へ転職されています。医師転職サイトランキングでしか見れない病院の求人もこういったものが含まれます。
大学医局からの「打診」による転職の場合は、派遣医師扱いですが、それなりに待遇もよく、とくに過疎地域ですと、年収2,500万円といった例も医師転職サイトの中ではみられます。ですが、こういう場所では最新医療機器が乏しく、緊急医療は近隣都市の大病院へ搬送することが条件であり、また勤務も長期間継続することが条件となっております。
眼科医師の転職もまた、総合病院では頻繁に行なわれているケースが見られます。数多くの診療体制を持つ総合病院では、眼科だけが派遣医師、というところも珍しくありません。こういったところでは「普段は企業の健康診断に利用」されており、眼科では治療よりも検査に重点がおかれるところも多々あります。

こういった病院では、診療の数をこなす事に重点が置かれ、治療や研究への取り組みよりも検診の意味合いが大きいといえましょう。こうした環境を大事にするドクターの場合は非常に好都合な職場であり、多くの患者と接することを非としない方には、非常によい職場でしょう。医師転職サイトでもランキング上位に入るような病院の傾向でもあります。
幸い、患者においては「常勤医」と「非常勤医」のちがいに着目をおくケースは「治療がある程度進んだ」段階においてのみ、と思われます。むしろ看護士の対応に安心感を抱く患者が少なからずおり、検診医は「総合判断」を下してくれる、という見立てで接する患者が多いようです。
医師転職サイトランキングでも、ドクターの転職の背景の多くは「プライベート」に向けられており、都市部で高度な治療を行なわなければならない診療よりも、ゆとりを持った「患者との信頼関係」を大事にしたい診療に好感をもつ方も多いようです。結婚し、家族を抱えたドクターの場合は特にプライベートが充実していなければ、診療にも差し障りがでてきます。
逆にいえば、派遣医師を重ねていても家族の希望で「都市部に家を建ててしまった」場合は、転職先にも気を使うことになります。この場合は出来るだけ役職の高いドクターとして落ち着き先を見つけなければならない、という決断も出て参ります。
検診を主に行なうドクターであれば、医師転職サイトにおいても経歴と人間性で採用されやすいですし、やはり経歴の積み重ねは非常に重要でしょう。

医師転職サイトを使った転職事例~転職は医者もみんなと同じ

サラリーマンの転職事情とドクターの転職には、特に変わったところはない、というと不可思議な思いを抱かれるかもしれません。私の友人であるドクターの場合は非常に個性的な人物でしたが、転職は淡々とまるでイベントのように行なっておりました。
医師転職サイトにおいても「渡り鳥」のようなドクターがおります。報酬に特別な条件はつけず、ウィークデーのみの勤務で、都心部に住む関係上「車通勤できる範囲まで」ということでした。半径やく50㎞程度が彼にとっての通勤圏でしたが、独身だったために、非常に身軽に動いておりました。
医師転職ランキングをご覧のドクターの中にもこういった方は珍しくありません。

外科医だったため、メスを握るのが本職だったのですが、趣味がバイオリンを弾くことで、年に2回ほどはコンサートを100人ほどのサロンで披露しておりました。日本の医大を出てから欧州の音楽大学を卒業した趣味人で「音楽家になりたかった」けれども、演奏だけでは暮らしてゆけないので「医者になった」という人物です。
実のところ、こういった「趣味がランキングプロ級」というドクターを数人知っているのですが、皆勤務医に収まっております。彼らはなぜか一つの病院に留まる事なく、淡々と医師転職サイトを使って転職を繰り返しております。
前出のバイオリン弾きのドクターの場合は、現在結婚し子供も生まれましたが、海外で開業し「日本人のための外科医」を欧州で現地の医師と共同で開業しております。これは、彼の国で音楽活動により近づくためですが、年に一度は帰国して演奏をしております。
こうした趣味人でもあるドクターには「医師転職サイト」は渡りに船といった具合ですし、病院側としても非常に満足できる存在です。特に、都市部でなければだめだ、という条件もありませんし、老人福祉施設や、老健病院でも構わないという条件ですから、ありがたいわけです。
また、医師転職サイトや当ランキングとは関係無いタイプのドクターとして、医局から就職し、中堅医師から幹部医師へと上り詰めるような「組織」を意識するようなドクターですと、年棒や待遇に非常に関心を持ちますが、サラリーマン医師で、特段地位を求めないならば、職責を全うするだけで、病院からだけでなく、医師医師転職サイトでも大変ありがたい評価を得られる事になるわけです。

ゆめゆめ注意が必要なのは、サラリーマン同様、結婚後の配偶者の結婚観についてよく把握しておく事です。ドクターの妻としての暮らしを実感したい、という女性にとっては「都市部の一戸建て」か「超高層マンション」に住む、ことを意識することが少なからずあります。また、子供の教育を考え、それなりの規模の住宅を希望することがありえます。医師転職サイトランキングでもよくよく議論されますが、無医村への医局からの勧めには、単身赴任で対応する力量が求められますし、転職する、ということは当然「昇給することだ」と理解されますので、情報を吟味しておくことが大事では、と思われます。
ドクターには命を救うことが求められておりますが、まずは自らの家族を守らねば、世間に範を垂れることは不可能です。仮に年を取ったとしても、医師免許の効力は常に再出発に欠かせない求人が医師転職サイトでも控えております。障害者施設での非常勤医、あるいは血液検査や脈拍、血圧などの結果を渡す程度もドクターの特権ですから、かりに障害を負った医師がいたとしても、
社会には必要な存在として、給与を受け取る権利があるのです。

医療資格を取る
医療施設・病院で働く