TOP > 用語集・用語辞典 > 成人T細胞白血病リンパ腫
info
医療に関する専門用語を解説した用語辞典です。

成人T細胞白血病リンパ腫

主な症状:リンパ節の腫れ、肝臓・脾臓の腫大、皮膚紅斑・皮下腫瘤、下痢、腹痛
血液細胞のなかのリンパ球のうち、Tリンパ球が悪性化して、リンパ節や血液の中で異常に増加し、骨髄や肝臓、脾臓、消化管、肺、皮膚、脳など全身の臓器に拡がっていくものです。
成人T細胞白血病リンパ腫は、ヒトT細胞白血病ウイルス儀拭human T-cell leukemia virus type 機HTLV-機砲隆鏡により引きおこされることが明らかになっています。HTLV-気亡鏡している人は、日本全国で約120万人(人口の約1%)と推定されており、九州、沖縄など南西日本に多いことが知られています。成人T細胞白血病リンパ腫を発症するのは、HTLV-鬼鏡者10,000人について年間6人あまりで、大部分の方はHTLV-気亡鏡していても成人T細胞白血病リンパ腫を発症しないことになります。なぜHTLV-気亡鏡している人が成人T細胞白血病リンパ腫を発症するのかについては、現在研究が進められていますがまだ十分に解明されていません。